2015年7月17日金曜日

動物の漫画本

もうすぐ夏休みですね。
世間では、レジャー計画やら準備やらで楽しい季節かな。
個人で行く貧乏旅行が大好きなんだけど、ここ数年できてないなぁ。
まぁ、動物を飼うと仕方ない〜、と諦めモードで(笑)
*3年ほど前、アメリカ東海岸の友人宅訪問のためキャットシッターさんに留守をお願いしましたが、
ちゃもんが缶ビールに穴を開けたり、予想以上の破壊活動で散散だったもので懲りました、私。

という訳で、我が家の夏は通常営業です♪

あちぃとなんにもするきがしにゃせんね


























関係ないことですが、こんな夏のバーゲンのチラシがありました。
バーゲンで売られてしまう犬猫って・・・(ハーッ、ため息)




















これでも売れ残ってしまう犬や猫たちってどうなるんでしょうね???
それを考えると、更に複雑な気持ちになる広告です。


さて、気を取り直して、と。
先日、時間潰しで入った古本屋で、漫画を3冊購入しました!

いくえみ綾「いくえみさんちの白い犬」
猫飼いということは知っていたけど、犬もなのね〜

























小学校高学年の頃、別冊マーガレットを読みふけっていた私には懐かしい人です。
まさか、この歳になっていくえみ綾さんの漫画(それもお題が動物だなんて)に出会うとは!
あっ、ちなみに自分は「くらもちふさこ」さんの作品が好きでした♡


左:山下和美「天才 柳沢教授 タマとの生活 完全版」
右:佐々木倫子「動物のお医者さん」文庫本
両方とも百円、でも充実の内容!




















「天才 柳沢教授 タマとの生活」は漫画好きの夫が選びました。
「天才 柳沢教授の生活」という作品をモーニングで読んでいたそうです。

「動物のお医者さん」はテレビドラマにもなりましたし、ご存知の方が多いかと。
私が知ったのは、以前勤めていた大学の研究室の本棚にあったから。
若手研究者によると、理系の研究室の多くはこの漫画を揃えてあるそうですヨ(ほんとか?!)


いくえみ綾さんと佐々木倫子さんは北海道の出身なので、両方とも舞台が北海道。
どの作品も、動物と真面目に向き合う登場人物にプッと笑ってしまう。
なんだかんだ言いいながら、喜んで動物に振り回されちゃうんですよね〜

私、あまり本や漫画に詳しくないので・・・
オススメの動物系漫画や本があったら、コメント欄で教えてくださーい♪

8 件のコメント:

  1. 昔ブリーダー崩壊の現場と、ペットショップ火災の現場にお手伝いで入った事があります。
    そこに動物への愛はなく、道具と思ってる人間の痕跡ばかりでこういう人が現行の法律を作ったのだなと……よい思い出ではありませんが。
    血統を絶すことができないのなら、せめて繁殖親も子も、生きることが幸せであるよう願うばかりです。
    ……素敵なブリーダー様もいるのでなんとも言えないのですが……

    遅くなっちゃいましたけどおもしろかったですか?★
    動物のお医者さん、いいですよね!!
    他のは読んだことがないのですが、私も古本屋さん行ってみようかな★
    少女漫画あまり読む環境になくて、読んだの社会人なってからですけど(*´∀`)

    うろ覚えな上、まだ読んだわけでもないのでファンの方にほんとに申し訳ないのですが、「路地裏しっぽ診療所」というのを読んでみようか迷っています。
    ……少年漫画→青年漫画と成長した一応ジョシにはちょこっとかわいらしすぎて手が出せなかったり……確か昔恋愛ものをよく描いていらっしゃった方の動物漫画です(;´д`)

    お話自体は甘酸っぱい恋愛モノでしたが、「まっすぐにいこう」(これまたうろ覚え……)のマメタロウが好きだった(が、定期的に少女漫画を読む機会がなく、話はどうなったのかわからないまま今に至る)

    今年は半端にしていた少女漫画を読もうかな(о´∀`о)

    遠方出張が多かった私は職場に猫預けたり逆に預かったりしてました
    ……が、帰ってくるとうちの猫らは事務のお姉さまがたの猫になっていましたw事務所が涼しく、居心地がよかったのでしょう……
    今思えばよい職場でした(^^)

    最近身軽にヒト一人もしくは二人で行動していると、わんちゃん連れや、たまににゃんこ連れの方も見かけます。昔と違い、公共機関もわんにゃん連れ専用席なるものがあったりと、一緒におでかけしやすくなったのだなぁと、佐渡島に渡る船の中を探検中に知りました(*´ω`*)

    全てのわんにゃんが安心して生きていける社会でありますように……と言ってるそばから妊婦猫を見つけてしまってただいま捕獲試み中の私なのでした……

    無事捕獲できたら猫様の下僕に戻ろうかしら(-_-;)
    長文すみませんでした★

    返信削除
    返信
    1. 日本のブリーダーについては、色々考えるところがありますよね。
      現状を知らないので、あまり意見は言えませんが・・・

      あっ、私も少年漫画から入りましたよ!
      それも廃品回収のおにーさんが、いつも置いていってくれたものを(笑)
      たま〜に友人から少女漫画を借りて読みました(漫画買ってもらえなかったんです)

      佐渡へ行かれたんですね?
      船にも動物連れ??

      妊婦猫さん、捕獲ですそうですか?
      私も新居周りの猫さんたちについて思案中。
      まめさんがそう思えるのなら・・・下僕生活、そろそろいいんじゃないですか〜〜〜

      削除
    2. 意外にも仲間ですw嬉しい★
      あっ、一巻ためし読みしてみました!!……続きが気になるかも!!
      コメし終えてから思い出したのですがもし図書館などに行く事があって、児童書でもよければですが黒猫サンゴロウシリーズはおすすめです(о´∀`о)

      佐渡には個人的な仕事でたまに行くのです(о´∀`о)いつもは工具箱と身ひとつなので高速船なのですが、どうしても今回工具車が必要で車が積めるフェリー(片道3時間w)に初めて乗って、嬉しくて探検してたらペットづれ専用席がありました!!……おおむねわんちゃん連れでしたが、これって昔なかったんじゃないかなーと思ってなんだか嬉しい発見でした(*^^*)
      妊婦猫さんは嬉しいかな悲しいかな、エサやりさんが出産後に避妊手術をしママを家猫にするとの事で、子猫の里親さんも責任もって探してくれるそうです(頼もしいけどなんだか寂しいw)

      まぁ、うちの先代のお猫さまがお許しになればそのうち縁はあるかなぁと気長に待つことにします★

      削除
    3. 動物本の情報、ありがとうございます!
      でも、泣かせる系のはハマっちゃうと困るケド(夏は本気で汗と混じるしねぇ)

      工具箱持って佐渡へお仕事に行くまめさん、カッコイイ!!(膨らむ妄想・・・)
      フェリー3時間は旅ですよね。
      そしてペット連れ専用席とは!にぎやかそう?!
      こういう話を聞くと、旅に出たくなる〜

      エサやりさん、頑張ってくれるんですね。
      まめさんが交渉して理解してもらえたんでしょう?
      全てうまくいくといいなぁ。

      そう、ご縁て必ずありますからね。
      私も楽しみに待たせてもらいますよ〜

      削除
  2. ふーこさん、こんにちは。毎日暑いですね。

    動物のお医者さん! 私も大好きです。ハムテルの本名って、何だっけ…?


    動物漫画のお勧めですが…

    「柴犬さんのツボ 」 影山 直美  辰巳出版

    4コマ漫画で、シリーズ化されています。

    にやにや笑いながら、気楽に読める作品でした。

    返信削除
    返信
    1. 谷豊さん、こんにちは。
      体調崩したりしてませんか?

      ハムテルは西根公輝(まさき)、でも本名で呼ばれることがほとんどないんですよね?!
      柴山さんのツボ、面白そう。
      シバは可愛いから〜
      ありがとうございます、今度探してみます!

      削除
  3. ふーこさん、お久しぶりのコメントで失礼いたします。
    明日からまた三日間、母のところへ行ってきます。

    柳沢教授、懐かしいなー!
    動物のお医者さんも愛読していましたよー!
    ドラマも観てましたよー!

    しかし、動物のセール、許せないです!
    「おまえの子供もセールで出せ!」と言ってやりたいです!

    返信削除
    返信
    1. あぁ、ハルパンさん・・・お忙しいのにコメントありがとうございます。
      その後、体調は良くなりましたか?

      柳沢教授を知っているとは流石ですね♪
      この教授、なかなか良い味を出していらっしゃいます(笑)

      動物のセール・・・命に値段てつけられるんでしょうか?!
      こういう広告が当たり前のように載っかってるのが怖いです。

      削除