2017年4月10日月曜日

べっこの未来に向けて

横浜では桜が散り始めています。
4月ですから、新生活をスタートさせている人も多いですね♪

保護猫べっこは生後9ヶ月になりました。
体は大きくなってもまだ仔猫ですから、狭いアパートの部屋や廊下をちょこまか走り回っています。

ある日の深夜、私の入浴の最中に、ドーンという音が聞こえまして(汗)
慌ててシャワーを終えて部屋へ戻ったところ、床にオーブントースターが転がっていました。

猫が乗っかると、重みで前に出てくるスライドレール
トースターは軽いから簡単に落下したんでしょうね




















トースターを乗せているレール付きの棚に、猫たちがよく入り込むのですよ。
普段の素行から考えられる犯ニャンは・・・

我が家の次ニャン、ちゃもん
ふっ、なにをしたかはいえないぜ

























もしくは、保護されている少女B
あ、あたち、なにかしたかちら?




















まぁ、2ニャンでふざけていた結果の事故、とも考えられますが・・・
べっこは段ボールベッドにうずくまったままで鳴きもせず、様子がおかしかったんです。
怪我したのかも?と思いましたが、深夜でしたしそのまま寝かせておきました。

これよりももっと丸まって、その晩はゴハンも口にできず




















翌朝、べっこは調子を取り戻し、すぐに元気になりました。
怪我はなくて、精神的にショックを受けていたみたい。
そういえば、初めてゴハンをケポッた時も、自分でビックリしてオロオロしてたなぁ。

べっこたん、顔が横に広がってきたような!?




















本当に繊細な子なんですね。
スリスリの甘えん坊で、ゴハン催促時には頰や背中を触らせてくれるようになりましたが・・・
正面から撫でようとすると、条件反射っぽく猫パンチが飛んできます。
人の手が怖いのは一生変わらないかも〜〜〜

目の前で、こんな無防備に寝てくれるなんて、こっそり感動〜




















という感じで、まだ抱っこもできません。
爪切りしたいんだけどなぁ(願望)

可愛いお手手に触りたいんですけどー

























べっこはツンデレなお嬢ちゃん。
常にベタベタではないだけに、甘えてきてくれると嬉しさ倍増♪
お喋りだし、ちゃんと要求を表してくれるので、意思の疎通はしやすい子です。
こまめなお世話を繰り返し、何も怖くないよ〜と根気よく接していれば、新しい環境でもきっと大丈夫。

私も粘り強く、里親募集を続けたいと思います。
彼女の未来のために!

0 件のコメント:

コメントを投稿