2016年3月11日金曜日

5年前のあの日

5年前のあの日。
お日様差し込む暖かな部屋で、デカちゅっちゅと遊んでた。
里子に出す日が近づいていることを感じつつ、今のうちにいっぱいベタベタしちゃえ〜って。

























デカと二人きりのあの晩は怖かった。
停電と断水で何もできず、ケージに入れたデカの隣に毛布を敷いて布団にくるまった。
怖かったけど、「デカと一緒に命を落としたら、私が飼い主ってことになるのかな?」と考えて、
ちょっと嬉しい気分になったりもした。




















役場や病院に避難した時も怖かった。
怖かったけど、そこそこ冷静で、それはデカがいたからだと思う。
フードやお水、ペットシーツ等、何を持参すればいいのか、それだけを必死で考えた。




















デカちゅっちゅは私にとって特別な存在となった。


このブログの読者の中にも、甚大な被害を受けた東北の地に住んでいた人がいます。
彼女が高校生の時、川に流されていた子猫たちを救い、2匹が家族になりました。
ですが5年前、一匹を津波で亡くし、もう一匹は後を追うように虹の橋を渡りました。

あの日、どれだけの小さな命が失われたんだろう。
取り残された命はどれだけなんだろう。
私にできることって何だろう。

1 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除